bite the bulletはSCARLET.に生まれ変わりました!

【読書感想】予想通りに不合理ー行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」ダン・アリエリー(著)を読んで

こんばんは、ひろです。今日も読書をしました。

今回は、予想通りに不合理ー行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」を読んだ感想です。

読書感想にはネタバレを含みますので、注意してくださいね。

目次

自分なりに考えた予想通りに不合理ー行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」のポイント

この本は、行動経済学について書いてありますが、私の苦手な計算式などは出てこなくて、普通に本として?読んだら、興味深い内容でした。

でも、本には経済学用語が時々出てくるので、一応勉強したことのある人のほうが読みやすいかもしれません。

人間は、物を買うときにいつも合理的な判断ができるとは限らなくて、さまざまな影響を受けて、不合理的な選択をしてしまうことがある。

というのがポイントだと思います。

予想通りに不合理ー行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」感想:行動経済学はアフィリエイトに応用できるのでは?

経済学で言うと、効用の最大化といって、合理的に自分がMAXに満足する選択(選好)をするのが当たり前なのですが、

行動経済学では、人間は様々なバイアスによって影響を受けてしばしば非合理的な選択をしてしまうということです。

この本では、様々な実験や例を挙げながら説明されていました。

この本の各章の理論はアフィリエイトにも応用できそうだなと思いました。

アフィリエイトで売りたいものを決めて、その商品について人間が購買活動を行う上で、どのようなバイアスで意思決定していくのかを知れば、コンバーションにつながるんじゃないかなと。

難しく感じるかもしれませんが、誰しもが無意識に、たとえば、無料!につられて余計なものまで買ってしまうとか、日々の生活に行動経済学って絡んでるんだな~という感想でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる