bite the bulletはSCARLET.に生まれ変わりました!

【読書感想】「トラぺジウム」高山一実(乃木坂46)(著)を読んで

こんばんは、ひろです。今回は、乃木坂46の高山一実さんが書いた小説「トラぺジウム」の感想を書きたいと思います。

この本は何となくネタバレをしないほうがいいと思いますので、本の内容には触らないように感想を書きますね。

青春アイドル小説といった感じで、読みやすかったです。若い層をターゲットにした小説かもしれません。

高山一実さんといえば、乃木坂の1期生で美人なのにしゃべるととても面白い人ですよね。

小説の才能もあったということで、すごいなあと思っています。

才能がいくつもあって羨ましい。

乃木坂ファンは読んでみたらいかがでしょうか?青春だなあという、なんかこう昔若い時に読んだ本の文章の記憶も蘇って懐かしい感じがしました。

挿絵も可愛いです。サクッと読めて、なんだかさわやかです。私は乃木坂好きなので読んでよかったですb

むかーしむかし読んだ、「マリア様がみてる」という小説をなんだか思い出しました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる